鍵開けサービスのプロテク|エキスパートに依頼せよ!

一軒家

悪質な行為

一軒家

鍵を扱う業者によっては、依頼者に黙って取り付けた鍵の合鍵をあらかじめ作成して持っていたり、鍵に細工を施したものを取り付けるなどの不正を働くところもあります。目的は金品の盗難と依頼者のプライベートの侵害です。単なる盗難の場合もありますし、プライベートを覗く悪趣味の保持者の可能性も考えられます。このような業者を避けるために取ることができる方法とは限られています。良心的かどうかは見た目では決して判断できないためです。しかし、1つの指針は存在します。それは、身元がはっきりわかるか否かです。通常の業者であれば社名と自分の名前が入った名札等をしっかりつけているものです。また、制服はその会社に所属していることを示す重要な要素です。もし、名札を付けていなかったり制服がどこのものかわからなかったりした場合は、その人物は身元を詐称する気があると考えられます。詐称したことによって、悪事が判明したときに足が着くのを防ぐためです。身なりの確認も、初めて依頼する業者ならしっかり確認しておく必要があります。

せっかく取り付けたものもすぐに開けられてしまったり、破壊されてしまったりしては意味がありません。家を守るためのものが安易に突破されてしまうということは、その時点で鍵としての意味をなさないことになります。「近いから」「何となく」といった理由で専門以外の業者に依頼すると後悔のもとになるだけではなく、壮大な二度手間にもなるものです。最初から信頼できるところにお願いすれば、そのような心配もなくなります。